左文字入力から変換

左文字入力からの変換の例

・ヘブライ語を通常の左文字(左から右へ)入力して,それをUnicodeのヘブライ語に変換したいというご希望がありました。

・そこで「JB右文字からの変換」とは左右反対に発音に沿って神様のお名前「エロヒーム」を「a/」=エ,「l{」=ロ,「hi」=ヒ,「y」=イー,「~」=ム,つまりa/l{hiy~」とテキストボックス「入力文字列」に入力し「左文字入力から変換」ボタンをクリックし,Unicodeのヘブライ語で「אֱלֺהִים」と変換できるようにしました。

・変換のルールは変換作業のページに記載した通りです。1行目と2行目がニクードです。3行目以降の子音と組み合わせて用います。

・Unicodeに変換された文字列「אֱלֺהִים」は,JB-HebrewのフォントがなくてもMS Wordなどに貼り付けることで文字化けしないヘブライ語の文章として扱うことができます。

・JB右文字からの変換と同様,単語単位だけでなく単語とスペースからなる文章でも一度にUnicodeへ変換することができます。

ヘブライ文字列変換へ戻る

細き聲へ

© hiroshi 2017