俳句コーナ

ホーム マタイによる福音書 創世記 箴言 心のデボーション 

イエスキリストの系図 ノアの子孫 ギリシャ語辞典 

ギリシャ文字列変換 ヘブル文字列変換 俳句短歌のコーナ

お問い合わせ 履歴


 皆川誠先生の日々の俳句短歌集を掲載することにしました。先生の普段の生活の様子が垣間見えるようで何ともホッコリという感じです。写真は俳句とは直接関連していませんが季節感を感じていただければと添えることにします。ご感想などございましたらお問い合わせのページからお送りください。


<2018.7.1>

分冊の ヨハネを読めり 通学路

芋ほりの 盥の水に 月涼し

庭すみに 気づけば熟れし ブルーベリー 鳥も下りて 夏ならんとす(道子)

説教と 薪ストーブの 爆ぜ音の 響くチャペルの 伝道集会

閉じこもり 聖書調べる 仕事場に 妻運び來る 初トマト赤し


<2018.6.24>

ダイコンが そっと置かれる 牧師館

田植えする 牧師の畝の 直ならず

つゆ冷えの 低き雲間に 光さし 色あやなせる 額紫陽花 (道子)

紫陽花の 雨の降る中 花咲くを 見てこし 朝の祈り 静やか

今ならば 花がつくとふ 薬局の べコニヤさげて 妻帰宅せり

IMGP6114


<2018.6.17>

説教を 脇で聞いてる 葱坊主

柳見て 堀見て近し 教会堂

朝あさな 窓にながむる つばくらめ 巣立ちてさみし 空の広がり (道子)

一輪車 朝げの汁の なすびとり 畑の帰路に 賛歌思いつ

しはぶきの 季節をこえて 息一つ 安らかならむ 今気づきしも


IMGP6356

<2018.6.10>

わか芝の 芽吹くチャペルに 駆け込む子

ねじり花 寝てみるほどの 高さかな

うるものと 失うものと 共にきて われの齢は 深まりてゆく(道子)

妻と見る 電線のうえ 子つばめの はよ飛び立て よ見守りおれば

この年は メキシコ産の カボチャまく たいてうまきに 種とりおきて



<2018.6.3>

初夏や 讃美歌の声 衣替え

雀の子 芝踏み歩く チャペルかな

到来の 越生のふきを コトコトと 香れば背に 夫の気配す (道子)

馬鈴薯の 花摘みており 畑の中 露の雫の 濡れて光るも

父逝きし 年にいたりて 話したき ことありたるを 知りしこの頃


IMGP0897



IMGP0890

<2018.5.27>

あな嬉し 耶蘇が句を詠む 五旬節

種芋の 芽待ちわびる 日曜日

芍薬の 八重の花びら おもむろに 開けば蜂も 身をひそめおり (道子)

蕗つくる 妻の手黒く 染まれるを 水に洗うを 後ろに立てり

皮剥きて 二つに割れる 夏柑の 一房多く 吾は食いたり


<2018.5.20>

葱坊主 開かぬうちの 過保護かな

てふてふの 花摘み終わる 畑に咲く

雨はれて 野菜の芽立ち たしかめに 夫と野まわり 土けぶる中 (道子)

棒組みて とまとの棚を 立ち上げて 妻と網張る あちらとこちら

われついに ごんべとなりて 種をまく からす従え 二人旅して


Cashi

<2018.5.6>

散る花の 房を摘み取 る五月顏

たんぽぽの 綿毛の球に 恋をして

「あなた見て」 そっと差し出す手のひらの イチゴいただき 朝はこれから (道子)

本当は 庭のいちごが 食べてよと 知らせたきもの われにあらずも

ルバーヴの 茎の赤きを ねじりとる 躊躇いもなき 妻の手を見つ



<2018.4.29>

さえずりを 隠れて聞ける 妻ありて

くず米で 鳥呼び寄せる 窓の縁

つばくらめ 幾たび見んと 窓に立つ 何故か気になる あのひとりごと (道子)

階段を 妻の背を押し 上る夜の 老いては 二人並びて一人

晴れたれば 土耕し種植へる よき芋育てる 者になりたし

IMG 2272



<2018.4.22>

揚げ雲雀 耳にて探す あのあたり

竹の子の 襟ぐりきつく 首に短し

幼より 手繰りてあまた 良き日々を とどめし利根に 友と菜をつむ (道子)

散策に 疲れて二人 植え込みに 浅く腰掛け 赤き陽を見る

さっきから 湯飲み茶碗の 飲み口を てんとう虫が 生真面目に這う


IMG 2291


<2018.4.15>

花冷えや くしゃみ堪える コンサート

出遅れて よもぎ摘む人 散歩かな

花衣 おもいおもいの 色合わせ 髪もかざれる 桜木の下(道子)

しわしわの 長人参の入る 汁を すする音する 朝の静けさ

図書館の 自動ドアにキー向ける 何を開けと 言うのか我は




IMG 2170

<2018.4.8>

春風に はばかりもなく 鴉鳴く

花便り きくも束の間 雪もよい 降るや否やと 厨に立てり(道子)

初つばめ 旅の終わりを 寿ぐと妻 その都度に 我に告げ来る

春菜茹で むすびを運ぶ 櫻木の 妻と私の 宴ござ敷く


<2018.4.1>

蔦の芽の 小さき葉にも 構えあり

寝転ぶに よき青さなり 芝生える

ネギをもち 久しき人を 訪う日ぐれ 会い見て交わす 安きひととき(道子)

そこにいる 本読む妻の いることを 知りつ確かむ いるということ

妻喉に 小骨ささりて 眉ひそむ 手出しかなわぬ 痛み刺さりて

IMGP7989


2017/4〜2018/3の俳句,短歌のページへ

©Copyright is reserved by hiroshi T.  2017