俳句コーナ

ホーム マタイによる福音書 創世記 箴言 心のデボーション 

イエスキリストの系図 ノアの子孫 ギリシャ語辞典 

ギリシャ文字列変換 ヘブル文字列変換 俳句短歌のコーナ

お問い合わせ 履歴


 皆川誠先生の日々の俳句短歌集を掲載することにしました。先生の普段の生活の様子が垣間見えるようで何ともホッコリという感じです。写真は俳句とは直接関連していませんが季節感を感じていただければと添えることにします。ご感想などございましたらお問い合わせのページからお送りください。


IMGP2102

<2017.11.12>

もって菊 がくの美味さを はかりかね

蜆蝶 仕舞の花に 礼参り

柿の実を とればサラサラ 赤き葉の 夫の背に ふる秋は少なき(道子)

大根の 折れしを畑に 残しくる 上手くは 引けぬ 我を責むるな

玄関の 脇に飾りし 百合の実の 冬になりては 枯れてまた咲く



P1040493

<2017.11.5>

源泉の 硫黄の匂う 紅葉かな

ひとり居て 秋空高し 父母の墓

常ならば おのおのすごす 秋の夜を 和歌ひもときて 夫に寄り添う (道子)

一番の 木枯らし吹けば 手を広げ 背中押されて 妻は遊びぬ

厳寒に 心地よさあり みことばの 朝日射し込み 手元照らせば


IMG 1833




IMG 1722

<2017.10.29>

花畑 肩身の狭き 野菜かな

間違えし 長人参が 地に潜る

長雨の 合間合間に 菊つみて 蝶の花舞い 息ととのえり (道子)

風吹きて 長き竿振り 柿の実を 集むる空に 秋は来にけり

漢訳の 聖書を写し 読みはじむ 漢の心に 神物語れば





<2017.10.22>

いんげんの 薄きみどりや 穂をのぼる

黒塀の 枯草分けて 猫通る

深まれる 秋の川辺に 昼顔の 一叢咲きて 夏色に染む (道子)

先に立ち 育ちし原の あちこちを 我に伝えつ 妻は歩ける

探り当つ 土に深くの 薩摩芋 かくもよきもの 神隠せしや

IMG 1781


<2017.10.15>

軒下の 陰を照らすや 茗荷咲く

箒草日の 影うつす 色変わり

心無き 己を深く 悔やみつつ 一意の祈り 友を思いて (道子)

お手玉に 興じる妻は 楽し気で 幼子のごとき 顔をしておる

いち早く 咲き始めし 白菊よ 長く保てよ その色の華を


<2017.10.8>

まだ残る 柿の実空に 照りにけり

秋雨の 静かな音や 魚跳ねる

県道の どよもす下の 刈り田辺に 二羽の青さぎ 静まりて居り (道子)

花に葉に 一ついのちの コルチカム かくにぞ生ける 一途もよけれ

購いしもの 少なけれ 我が食卓の 葱芋若菜 豊というべき


IMGP5368

<2017.10.1>

もって菊 花見る前の 団子かな

柿ならば 若きも熟も それぞれに

まわり道 相逢うことなき 友の家の 庭に香れる 金木犀見ゆ(道子)

夏の日の トマト育てし 後の地に キャベツ芽を出す いのちの床よ

嫁ぐとき 祖母の持たせし 鏡台は 我には見せぬ 妻を映しか



<2017.9.24>

栗虫の 鼻や突き破ぶ 穴一つ

栗の木の ある教会の 庭静か

夏の花 果てて秋まつ 白小菊 つぼみ盛り上げ 時の満ちるを (道子)

小松菜の 新葉を摘める 朝餉にも 汁の色どり 椀の嬉野

とりとめも なき話こそ 楽しけれ ややにも暑き 初秋の午後


<2017.9.17>

会堂の 明かりをおとし 秋番茶

もう少し 海に置きたき 秋刀魚焼く

花どきを 待ちて真白き 形見花 散りても吾の うちに咲きおり (道子)

柿の実の 皮も剥かすに 歯をあてる 歩きつ喰らう 野良帰り道

枯れ花を 除ける壷に 残り香の 秋は気配を 濃くも伝えて


<2017.9.10>

一つ来て 次々曲がる 畝の波

植えるべき 種ととのいて 棚に待つ

人知れず 宵に装う 匂いギボウシ 明ければ香る 白き花がら (道子)

味噌汁に 入れる野菜の あらかたを 手摘みしたれば 不揃の椀に

気がつけば 常電線に 姿なく 別れも告げず つばめ旅立つ


V4010014



<2017.9.3>

こおろぎの 初音を聞ける 網戸かな

年毎に 小さくなりし さんま焼く

夕暮れの 刻うつ鐘に 静まりて うれし悲しも 今のこの時 (道子)

すべりひゆ 妻の知らない 草の名を 畑にみつけ 指さし教う

終わり畑 大き西瓜を 育てたる 蔓の細きぞ 愛おしけれ


P1040567

<2017.8.27>

ピーマンの 百面相や 泣き笑い

音だけの 花火季節を 告げりけり

せわしなく ゴーヤの花に しじみ蝶 自在に遊ぶ 幼子のごと (道子)

雨運ぶ 小さき風に 茄子揺れて 仕事の仕舞い 妻に告げしむ

詩篇読む 風のあおりに 蹄鉄を 押さえと置きて もの思い居る


<2017.8.20>

蝉殻や 見つめる童手に 持てず

りんどうの 花束添える 耶蘇の墓

耳とおき 二人の会話かみ合わず 老いゆくごとに なじむも可笑し (道子)

白桃を 携う友は 気遣いて 裾分けなれば 気兼ねをすなと

ミニトマト 水で洗える 妻の手の 濡れるままに つまむ一粒


IMG 1506


<2017.8.13>

亡き友の 御国に咲くや 茄子の花

種とりの オクラ長寿を 全うし

みんみんと 短く鳴きて 庭伝い お暑いですねと 又鳴きはじむ(道子)

露のごと 今日を限りの マナ降りて 拾いて集む 甘き綿菓子

畑中で 我が匂いをや 懐かしく 群れなし来たる 蚊の騒がしさ



IMG 1515


<2017.8.6>

ウド絶えて 惜しいと思う このあたり

縁側を 散らす咎なし 西瓜喰う

炎天の 涼気いっしゅん 大き葉の そよめく下に 黄のオクラ花 (道子)

道に咲く 涼やかなれる 青き実の つる草摘める 妻嬉しげに

ころぶよに 両手を上げて 歩く幼児(こ)の あと追う 爺(じじ)の おぼつかな足


P1050120


<2017.7.30>

唐黍や 醤油火に落つ 白煙

野薊の 棘あるゆえに 手折られず

野良仕事 汗を流して はるかなる 母のけはいや 土匂う中 (道子)

茶を入れて 二人飲む夜の 相語り たわいもなきを 幸というかも

唐茄子の 重き堅き 黄色きは 美味しなれば そいつを選ぶ


<2017.7.23>

地下のうさ 三日ではらす 蝉の声

遠雷や よしずを通る 風涼し

深緑の 峰々ふかきかし こよりひくき 山鳴り 蝉しぐれくる (道子)

一日を 限りと生きる 天気草 日を見送りて 衣をたたむ

竿さして 釣れぬ魚の 午後の糸 蜻蛉とまれば 遊ばれている


P1040489


<2017.7.16>

聖書引く 指に蚊一つ 止まる気に

芋の葉の 一つが揺れて 夏通る

炎天の 空を見上げる 天気草 光映して 今日は何色 (道子)

青柿の ふくらむかたちに 姿よむ とがりもあれば 平もある枝

猫の子が 玉に遊ぶを 見る人を 少し離れて 見ている私



IMGP1655


<2017.7.9>

ニコライの 鐘陽炎の 刻を打つ

減塩の 醤油に白し 冷奴

虎の尾の 幾年経つる 初花の 白き輝き 現わるる今 (道子)

もろこしの 根にうずくまる ぶちの猫 林の虎に 似てはいるけど

移植して 庭に根ずくや ミニトマト ここは捨て猫 遊ぶ庭なる


IMG 0487


<2017.7.2>

芋の葉や 水玉光る にわか雨

すれすれに 茶髪のつばめ 軒を飛ぶ

吾先や いずれを問いつ 彼先や 残老いとい 歌よみ交わす (道子)

妻の名を ただ呼んでみる 時がある そこに居るのが わかっているのに

黒革の 万能椅子に 座るのも 過去とはなりて 千円床屋


<2017.6.29>

かぼちゃの葉 拡がるだけの 陰つくり

その声に 顔見合わせり 郭公鳴く

うぐいすや レンゲツツジの 華やぎに ときを惜しみて 枝から枝へ (道子)

朗らかに 笑う時あり 七十路の 妻は我と 同じ齢なる

汗流し ラーメン喰らう 夢を見て 目覚めし舌に 味が残れり


<2017.6.18>

蝉しぐれ 音を合わせる 鳥も夏

ぼうふらの いやいやしては こちら見る

からつゆの 芝生にゆれる ねじり花 生きのくりごと うなずき咲う (道子)

つつじ咲く 急坂登る重き足 二人のばばを 待つやうぐいす

青蛙 玄関サッシに 正座して 家を守れば 開けるもならず


frog130922

<2017.5.28>

蛙の子 同じ姿の 親に乗る

煮たように 石楠花萎れて 色流る

掃除の日 ほうき片手に 立ち話 交わす消息 花の下陰 (道子)

ひとしきり 鳴きて休むも つばくらめ 雛ありてこそ 束の間のこと

玉ねぎを 収穫すれば 大小の まばらに生える 我は下手なり


P1030326


<2017.5.28>

初咲きの 摘むをためらう 茄子の花

芍薬の 目立たぬ畑や 茄子育つ

老い重ね 巷の声も遠ざかり 内なる声に 問いつ問われつ(道子)

日摘みなる いちごの幾つ 妻と分け 酸甘き味の 十時の休み

蝶貝の 涙固める白波の にぶき光や 海に眠れや




<2017.5.21>

木菟の 木彫りのごとく 眠る昼

この年も 花咲かせし木 青葉燃ゆ

夕庭に いちご摘み取り 二つ三つ 夫目をほそめ 今日をねぎらう (道子)

春の日に 一衣一鍋の 賤屋にも 菜の花摘めば 夕餉明るし

だらしなく 生きる私と 過ぎる妻 割れればよきに そうはいかない

P1040280


<2017.5.14>

板張りを 素足で歩き 春が行く

障害の 子らの太鼓や 初夏告げる

ひと仕事 終えてくつろぐ ぬれ縁に 夫と語れば つばくらめ飛ぶ  (道子)

ルバーブの ジャムを作れる 鍋のふち パンをちぎりて 妻とこそげば

明け暮れの けじめ守れる 野の花の 日毎の務め 思い鎮めて


DSCN0581

<2017.5.7>

野にありて 草に隠れる 月見草

石楠花の 明日や知らずに 今日を咲く

野良にいで ただ黙黙と 草取れば 心の憂い 地に跡かたもなく (道子)

タンポポの 綿毛開くを 見る妻に 久々浮かぶ 驚きの顔

息荒く 走りたき日の 焦りにも 花は開きて 静かなりけり

IMGP2105

<2017.4.30>

手を合わせ 祈る姿や 鼓草

時々は 不思議おこれる 老いの春

電線に おしゃべりツバメの 独りごと 何やら楽し つつじ咲く庭 (道子)

上になり 下になりして 飛ぶ蝶に 夫婦なればと 妻我に告ぐ

待ってくれ 四捨五入の 年数え 数えたければ 九捨入なし



<2017.4.23>

桑の葉の 摘み取られずの 芽生えかな

二人して 木蓮までの 遠回り

意味もなく とりとめもなく 在りし日を 手繰りたぐりて 今日を確かむ  (道子)

夕日背に 妻が影伸び 地を走り 面白ければ 手など上げ見る

学び舎の 堅き椅子に ヘブライの 祈祷静かに 唱える深夜


P1030333


<2017.4.16>

復活の 墓に向かうや 春の雨

小さくも 野を支配して 揚げ雲雀

白き蝶 付きつ離れつ 見え隠れ 卵いだきて キャベツに遊ぶ  (道子)

妻の句を 目を閉じ聞けば 夜の間の 心重なり 火花も散りて

花摘みの 小鳥や枝に せわしなく 狼藉許す 桜樹の胆


IMGP3089



馬鈴薯の 虎視眈々と 春の土

春の雨 暗渠に落ちる 水の音

雨止みて 庭草とれば 紫の香放ちて ヒヤシンス笑う  (道子)

城跡の 菫木陰に 隠れ咲き 手を添え眺む 少女のように

明日には 花摘み帰る いにしえの 我が野の菫 あまた残れる

IMGP1423


<2017.4.8>

ひらひらと 胴吹き桜や 老いの舞

この方丈に 宇宙はありや 春の虫

亡き父母の 写真の位置を 少しかえ 一日伸ばしの 絵を描かんと思う  (道子)

汝(なれ)よりも わが忖度(そんたく)はまされると 妻の主張に うなずく忖度

つきまとう 思いを捨てる 屑籠を 開けば塵の 百花繚乱(りょうらん)


Cherry001













2016/11〜2017/3の俳句,短歌のページへ

©Copyright is reserved by hiroshi T.  2017