履歴

次へ

ホーム マタイによる福音書 創世記 心のデボーション 

イエスキリストの系図 ノアの子孫 ギリシャ語辞典 

ギリシャ文字列変換 ヘブル文字列変換 俳句短歌のコーナ

お問い合わせ 履歴

俳句と短歌8月2

更新日: 201.8.16

先週の週末から今週にかけて,冷夏が続いています。戻り梅雨という言葉を初めて認識したような日々が続きます。


亡き友の 御国に咲くや 茄子の花

種とりの オクラ長寿を 全うし

みんみんと 短く鳴きて 庭伝い お暑いですねと 又鳴きはじむ (道子)

俳句と短歌3回分

ここ10日ほど米国にいてアップが滞り失礼しました。3週間分まとめて俳句,短歌をアップしました。

深緑の 峰々ふかきかし こよりひくき 山鳴り 蝉しぐれくる (道子)

一日を 限りと生きる 天気草 日を見送りて 衣をたたむ

竿さして 釣れぬ魚の 午後の糸 蜻蛉とまれば 遊ばれている

炎天の 涼気いっしゅん 大き葉の そよめく下に 黄のオクラ花 (道子)

道に咲く 涼やかなれる 青き実の つる草摘める 妻嬉しげに

ころぶよに 両手を上げて 歩く幼児(こ)の あと追う 爺(じじ)の おぼつかな足

俳句と短歌7月3

俳句と短歌をアップしました。

単身赴任して

7月に入り,5年ぶりに単身赴任とあいなりました。住み慣れた自宅を離れワンルームの単身寮へ引っ越しました。まだ部屋の中には机があっても椅子がない生活。ネット環境もiPhoneのデザリングでどうにか繋いでいます。何とも不便なもので新しい記事のアップが遅れました。さてどうしたものか少し考える時間を頂戴いたしたく。皆川先生と道子さんの俳句と短歌。2週間分のまとめてのアップとなりました。

俳句と短歌6月3

俳句短歌のコーナをアップしました。季節の移り変わりを感じますね。


かぼちゃの葉 拡がるだけの 陰つくり

その声に 顔見合わせり 郭公鳴く

うぐいすや レンゲツツジの 華やぎに ときを惜しみて 枝から枝へ (道子)

朗らかに 笑う時あり 七十路の 妻は我と 同じ齢なる

汗流し ラーメン喰らう 夢を見て 目覚めし舌に 味が残れり

俳句と短歌6月2

俳句短歌のコーナをアップしました。

からつゆの 芝生にゆれる ねじり花 生きのくりごと うなずき咲う (道子)

つつじ咲く 急坂登る重き足 二人のばばを 待つやうぐいす

青蛙 玄関サッシに 正座して 家を守れば 開けるもならず

俳句と短歌6月

俳句短歌のコーナをアップしました。

ひとしきり 鳴きて休むも つばくらめ 雛ありてこそ 束の間のこと

掃除の日 ほうき片手に 立ち話 交わす消息 花の下陰(道子)

俳句と短歌5月の末に

俳句短歌のコーナをアップしました。

春の日に 一衣一鍋の 賤屋にも 菜の花摘めば 夕餉明るし

老い重ね 巷の声も遠ざかり 内なる声に 問いつ問われつ(道子)

新マタイ4章

新マタイ4章Unicode版ををアップしました。

Matt. 4:2 καὶ νηστεύσας ἡμέρας τεσσεράκοντα καὶ νύκτας τεσσεράκοντα, ὕστερον ἐπείνασεν.

私訳(詳訳) 「そして、四十の日と四十の夜<四十日と四十夜>断食した後、空腹に<餓え<欠乏>を覚え>なられた」

俳句と短歌 5月

俳句と短歌を追加しました。

ひと仕事 終えてくつろぐ ぬれ縁に 夫と語れば つばくらめ飛ぶ(道子)

『野良にいで ただ黙黙と 草取れば 心の憂い 地に跡かたもなく(道子)』

俳句と短歌 GW中盤

俳句と短歌を追加しました。

手を合わせ 祈る姿や 鼓草

『電線に おしゃべりツバメの 独りごと 何やら楽し つつじ咲く庭 (道子)』


穏やかな季節になったと思っていますと,にわかに空が真っ黒になり雷が鳴る。それでも一歩一歩季節が移り変わっていますね。

俳句と短歌 GW初日

俳句と短歌を追加しました。

『二人して 木蓮までの 遠回り』

『学び舎の 堅き椅子に ヘブライの 祈祷静かに 唱える深夜』

復活際

復活の日を感謝とともにお祝い申し上げます。俳句と短歌を追加しました。

桜の季節

桜の季節ですね。俳句と短歌を追加しました。

俳句と短歌追加

マタイ3:17の一部誤記を修正しました(3/28)。

俳句と短歌を追加しました。

新マタイ3章

新マタイ3章をアップしました。

ギリシャ語聖書 Interlinear Matt. 3:1

 ̓Εν δὲ ταῖς ἡμέραις ἐκείναις παραγίνεται  ̓Ιωάννης ὁ βαπτιστὴς κηρύσσων ἐν τῇ ἐρήμῳ τῆς  ̓Ιουδαίας

マタイ 3:1~6

そのころ、バプテスマのヨハネが現れ、ユダヤの荒野で教を宣べて言った、

心のデボーション721

心のデボーション721〜800をアップしました。

「望みなき民」 バビロン捕囚はユダヤ民族の悲劇であった。しかし、民族滅亡の危機からイスラエルにメシア待望という強い「希望」が生み出されてきた。 その民族が存亡の危機において「希望」を生み出すに至らないこと、すなわち「望みなき民」となることこそが 民族の真の危機である。「滅びる民」は危機感もなく滅亡への道を歩むのである。

(†心のデボーション 00721 マタイ 1:11)

 

 俳句,短歌のコーナに新しい句が加わりました。(道子)とあるものは,皆川先生の奥様の句です。仲の良いご夫妻の生活の様子が心に浮かぶようです。

俳句を追加

俳句短歌のコーナに奥様の句も掲載しました。レイアウトも少し修正しました。

俳句コーナ開設

皆川先生の俳句短歌のコーナを開設しました。先生の普段の生活の様子が垣間見えるようで何ともホッコリという感じです。

ギリシャ語変換アップデート

更新日: 2017/2/28 

ギリシャ文字変換アプリ GreekStringMakerをVer.1.3 にアップデートしました。Symbolフォントからの変換でオミクロンが落ちていたバグの修正版です。コードミスでした。失礼しました。



©Copyright is reserved by hiroshi T.  2017