俳句と短歌6月3

俳句短歌のコーナをアップしました。季節の移り変わりを感じますね。


かぼちゃの葉 拡がるだけの 陰つくり

その声に 顔見合わせり 郭公鳴く

うぐいすや レンゲツツジの 華やぎに ときを惜しみて 枝から枝へ (道子)

朗らかに 笑う時あり 七十路の 妻は我と 同じ齢なる

汗流し ラーメン喰らう 夢を見て 目覚めし舌に 味が残れり

©Copyright is reserved by hiroshi T.  2017