心のデボーション721

心のデボーション721〜800をアップしました。

「望みなき民」 バビロン捕囚はユダヤ民族の悲劇であった。しかし、民族滅亡の危機からイスラエルにメシア待望という強い「希望」が生み出されてきた。 その民族が存亡の危機において「希望」を生み出すに至らないこと、すなわち「望みなき民」となることこそが 民族の真の危機である。「滅びる民」は危機感もなく滅亡への道を歩むのである。

(†心のデボーション 00721 マタイ 1:11)

 

 俳句,短歌のコーナに新しい句が加わりました。(道子)とあるものは,皆川先生の奥様の句です。仲の良いご夫妻の生活の様子が心に浮かぶようです。

©Copyright is reserved by hiroshi T.  2017