履歴

次へ

ホーム マタイによる福音書 創世記 箴言 心のデボーション 

イエスキリストの系図 ノアの子孫 ギリシャ語辞典 

ギリシャ文字列変換 ヘブル文字列変換 俳句短歌のコーナ

お問い合わせ 履歴

心のデボーション901

更新日: 2018.6.17

心のデボーション901〜1000をアップしました。801から1000はpdfではなくてhtmlです。pdf版より参照しやすくなりました。俳句と短歌もアップしました。


「世界で一番美しいのは誰?」 (心のデボーション00911より)

鏡に向かって「世界で一番美しいのは誰?」と聞く心は醜い。まして、「美しければ思いのまま」にいたっては、むなしさを超える。逆に「私はブスだ」と言い張るのも謙虚とは思えない。人は自分の美しさを忘れている時が、最も美しい。


(俳句コーナーより)

わか芝の 芽吹くチャペルに 駆け込む子

うるものと 失うものと 共にきて われの齢は 深まりてゆく(道子)

初夏や 讃美歌の声 衣替え

雀の子 芝踏み歩く チャペルかな

到来の 越生のふきを コトコトと 香れば背に 夫の気配す (道子)

父逝きし 年にいたりて 話したき ことありたるを 知りしこの頃

俳句と短歌5月4

俳句と短歌をアップしました。今回もご夫妻の様子がふんわりと目に浮かぶようです。


あな嬉し 耶蘇が句を詠む 五旬節

種芋の 芽待ちわびる 日曜日

芍薬の 八重の花びら おもむろに 開けば蜂も 身をひそめおり (道子)

蕗つくる 妻の手黒く 染まれるを 水に洗うを 後ろに立てり

皮剥きて 二つに割れる 夏柑の 一房多く 吾は食いたり

俳句と短歌5月3

俳句と短歌をアップしました。


葱坊主 開かぬうちの 過保護かな

てふてふの 花摘み終わる 畑に咲く

雨はれて 野菜の芽立ち たしかめに 夫と野まわり 土けぶる中 (道子)

棒組みて とまとの棚を 立ち上げて 妻と網張る あちらとこちら

われついに ごんべとなりて 種をまく からす従え 二人旅して

俳句と短歌5月2

俳句と短歌をアップしました。


散る花の 房を摘み取 る五月顏

たんぽぽの 綿毛の球に 恋をして

「あなた見て」 そっと差し出す手のひらの イチゴいただき 朝はこれから(道子)

本当は 庭のいちごが 食べてよと 知らせたきもの われにあらずも

ルバーヴの 茎の赤きを ねじりとる 躊躇いもなき 妻の手を見つ

俳句と短歌5月

俳句と短歌をアップしました。


さえずりを 隠れて聞ける 妻ありて

つばくらめ 幾たび見んと 窓に立つ 何故か気になる あのひとりごと (道子)

階段を 妻の背を押し 上る夜の 老いては 二人並びて一人

晴れたれば 土耕し種植へる よき芋育てる 者になりたし

揚げ雲雀 耳にて探す あのあたり

散策に 疲れて二人 植え込みに 浅く腰掛け 赤き陽を見る

俳句と短歌4月

俳句と短歌をアップしました。


花冷えや くしゃみ堪える コンサート

出遅れて よもぎ摘む人 散歩かな

花衣 おもいおもいの 色合わせ 髪もかざれる 桜木の下 (道子)

しわしわの 長人参の入る 汁を すする音する 朝の静けさ

図書館の 自動ドアにキー向ける 何を開けと 言うのか我は

箴言0106-10

しばらく出かけていてサイトのメンテが遅れていました。箴言1:6〜1:10をアップしました。俳句と短歌は3/25,4/1,4/8分をまとめてアップしました。


春風に はばかりもなく 鴉鳴く

花便り きくも束の間 雪もよい 降るや否やと 厨に立てり(道子)

初つばめ 旅の終わりを 寿ぐと妻 その都度に 我に告げ来る

蔦の芽の 小さき葉にも 構えあり

ネギをもち 久しき人を 訪う日ぐれ 会い見て交わす 安きひととき(道子)

紙風船 破れるまでの から騒ぎ

馬鈴薯の 芽かき落とす 夕仕度


箴言0103

箴言1:3〜1:5と俳句と聖句をアップしました。箴言1:1,1:2は更新しました。


馬鈴薯を 踏む跡浅す 妻のさく

畑打ち 色改めて 変わりたり

入り日さす 散歩帰りに ひと休み 夫とながむる この時が好き (道子)

そだねーと 流行りことばの 発音を 妻と試む 夕の食卓

春の雨 三和土に落つる 雫にも 横臥の耳に 心地良きかも

俳句と短歌3月

東日本大震災から7年。まだ傷癒えぬ方々も大勢おられることでしょう。あの日そして今日私たちは誰に何を祈ったのでしょうか。

俳句と聖句をアップしました。

俳句と短歌2月

俳句と聖句をアップしました。

一字づつ 舌にて探り 読む君の 厚き聖書に 雪日あたれり


©Copyright is reserved by hiroshi T.  2017